海外インターシップのメリット

海外から大勢の人たちが日本に来て、介護や農業、あるいは製造業など、様々な企業での仕事を手伝いながら、優れた技術を学んでいます。受け入れる側にとっても、外国人を受け入れることによって職場がグローバルになることや、即戦力となる人材を育てたり、労働力を手に入れることができるなど、大きなメリットがあります。

しかし、日本では外国人を受け入れるだけでなく、逆に日本から海外に出て、様々な働きや研修を行う人も大勢います。これを海外インターンシップと言います。これはもともと、アメリカで始まった制度ですが、企業で一定期間働いて職業体験を行うことができ、ミスマッチを防ぐことができます。また、企業では良い人材を早くから見つけ確保することができるという両者にとってメリットがあります。

また、これをわざわざ外国で行うことで、英語をマスターすることができたり、国際感覚を身に着けたりすることができるなどのメリットがあります。また、外国で生活したい人にとっても、経済的な負担が少ないというメリットもあります。日本人に人気があるのは、やはり英語圏で比較的日本に近いオーストラリアやニュージーランド、フィリピンなど格安なので人気があります。

情報満載の海外インターンシップに関することならIBPプログラムです。